虫歯のでき方

虫歯の原因菌は、ミュータンス菌です。
この菌だけではないのですが、この存在が大きく影響していると言われています。
人間の口の中や腸、肌にもたくさんの菌が存在していますが、いい菌と悪い菌がいます。
口の中のミュータンス菌は悪い菌の一つでこの細菌が作り出す酸で歯が溶かされていく病気のことを虫歯といいます。

ミュータンス菌は、食べ物に含まれる糖分によって働きます。
その住まいとしては、プラーク(歯垢)です。
食べ物を食べたあとに、口の中がネバネバしていることがありますが、それは食べかすが作ったプラークです。
そこの虫歯を作るミュータンス菌が多く住み着きます。

食後に、食べかすを摂らない、みがき残しがあり、プラークが口の中にある状態で、すぐにミュータンス菌が増え、虫歯のリスクが高くなります。
そして、酸を発生させ、歯のエナメル質の内部からカルシウムやリンが溶け出し虫歯になります。

食べた跡の歯磨きがいかに大切な事かということになりますが、どうしてもすぐに歯が磨けない状態の時も多いです。
そんな時に人間は唾液を分泌して、プラークを洗い流す事で、口の中の菌の繁殖を抑えますが、この唾液も万全ではありません。

糖分に多く住み着くミュータンス菌を増やさないためには、糖分を食べない、食べたとしてもすぐに歯を磨いて、プラークを付着させないことが大切です。
それを完璧に行うことで、虫歯になりにくい環境にすることができますが、なかなか難しいことから、虫歯ができてしまいます。